ボリンジャー&雲使いの1日30分トレード

ボリンジャーバンドと一目雲を使って相場動向を判断しています。1日30分のトレードで専業トレーダー以上の利益獲得を実現します。

本日のカナダドルスイスフラン相場です。

本日のカナダドルスイスフラン相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ上にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は変化無し。
一方、雲は陰転、上限下向きも、ローソク足が雲上にあり、上昇転換の可能性を示唆しています。
以上から、弱い下落トレンドの中、転換の可能性が芽生えた場面と考えます。
15年以上の長期で見た安値にあり、売りよりも買いで入りたい場面です。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーはフラット。
ローソク足がセンターライン上にあり、基調は方向感無しと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドが出れば継続しそうです。
一方、雲は陽転。
雲下限も上向き。
ローソク足も雲上にあり、強い上昇を示唆しています。
以上から、揉み合いの中の上昇局面と考えます。
+1σ越えと遅行スパンの陽転を確認したいところです。


最後に、日足。

▶ボリンシャーは上昇方向。
ローソク足が+1σ下にあり、基調は弱い上昇トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲は陰転。
雲上限は水平も、ローソク足が雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、弱い上昇トレンドのなか、調整(下落)が発生している場面と考えます。

本日のポンドスイスフラン相場です。

本日のポンドスイスフラン相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーが下降方向。
ローソク足が-1σ下にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、強い下落トレンドの真っ只中であり、下落継続と予測します。
ただ、15年以上の長期で見た安値にあり、売りよりも買いで入りたい場面です。

つづいて、週足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ下にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、強い下落トレンドの真っ只中であり、下落継続と予測します。
ただ、15年以上の長期で見た安値にあり、売りよりも買いで入りたい場面です。


最後に、日足。

▶ボリンシャー下降方向。
ローソク足がセンターライン付近にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は変化なし。
こちらは揉み合い。
一方、雲は陰転。
雲下限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落方向です。
以上から、強い下落トレンドの真っ只中であり、下落継続と予測します。
ただ、15年以上の長期で見た安値にあり、売りよりも買いで入りたい場面です。

本日の豪ドルNZドル相場です。

本日の豪ドルNZドル相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーがやや上昇方向。
ローソク足が+1σにあり、基調は上昇トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲も陽転。
雲下限も上向き。
ローソク足も雲上にあり、強い上昇を示唆しています。
以上から、上昇継続と予測します。
+1σ突破で新規買いです。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーは上昇方向。
ローソク足が+2.5σ近辺にあり、基調は強い上昇トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲も陽転。
雲下限も上向き。
ローソク足も雲上にあり、強い上昇を示唆しています。
以上から、強い上昇トレンドの真っ只中であり、上昇継続と予測します。
一旦、+2.5σ到達も、相場はまだ若く、上昇継続と考えています。


最後に、日足。

▶ボリンシャーは上昇方向。
ローソク足が+2.5σ近辺にあり、基調は強い上昇トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向にあり、トレンドは継続です。
一方、雲も陽転。
雲下限も上向き。
ローソク足も雲上にあり、強い上昇を示唆しています。
以上から、強い上昇トレンドの真っ只中であり、上昇継続と予測します。
ただ、熟成相場の中の+2.5σにあり、押し目買いを狙う局面と考えています。

本日のポンドカナダドル相場です。

本日のポンドカナダドル相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは上昇方向。
ローソク足がセンターライン付近にあり、基調は弱い上昇トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲は陰転間近。
雲上限は水平も、ローソク足が雲下にあり、下落方向です。
以上から、弱い上昇トレンドが、転換する場面と考えます。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーが下降方向。
ローソク足が-1σ下にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、強い下落トレンドの真っ只中であり、下落継続と予測します。
一旦、-2.5σ到達も、相場はまだ若く、下落継続と考えています。


最後に、日足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ上にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向にあり、トレンドは失われつつあります。
一方、雲は陽転。
雲下限も上向き。
ただ、ローソク足が雲の中に入り込んでおり、上昇ながらその力が弱まっていることを示唆しています。
以上から、弱い下落トレンドの中、調整(上昇)が発生していてる状況と考えています。
雲陽転も高値が切り上げっておらず、早々に調整完了となるかもしれません。

本日のポンド豪ドル相場です。

本日のポンド豪ドル相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは上昇方向。
ローソク足がセンターライン下にあり、基調は弱い上昇トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲は陰転。
雲上限はいまだ水平も、ローソク足が雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、弱い上昇トレンドが、転換する場面と考えます。
-1σを目指す展開を予測します。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-2.5σ付近にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、強い下落トレンドの真っ只中であり、下落継続と予測します。
ただ、熟成相場の中の-2.5σにあり、調整に注意したい局面です。


最後に、日足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ下にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、強い下落トレンドの真っ只中であり、下落継続と予測します。

本日のユーロスイスフラン相場です。

本日のユーロスイスフラン相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足がセンターライン付近にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲は陽転。
雲下限も上向き。
ただ、ローソク足が雲中に入り込んでおり、上昇ながらその力が弱まっていることを示唆しています。
以上から、弱い下落トレンドの中、調整(上昇)があったが、それも終わりつつある場面と考えます。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーは上昇方向。
ローソク足が+1σ下にあり、基調は弱い上昇トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲は陰転。
雲上限は上向き、ローソク足は雲中と、足並みが揃いません。
以上から、弱い上昇トレンドにあるものの、方向感を定めにくい状況と考えています。


最後に、日足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足がセンターライン近辺にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は変化無し。
一方、雲は陽転。
雲下限も上向き。
ただ、ローソク足が雲の中に入り込んでおり、上昇ながらその力が弱まっていることを示唆しています。
以上から、弱い下落トレンドの中、調整(上昇)が発生していてる状況と考えています。
その調整ですが、+1σ到達と同時に、遅行スパンがローソク足に抑えられ完了。下落再開とみます。

本日のユーロカナダドル相場です。

本日のユーロカナダドル相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーはフラット。
ローソク足が+1σ付近にあり、基調は揉み合いと判断。
バンド幅は変化なし。
こちらも揉み合い。
一方、雲は陽転。
雲下限も上向き。
ただ、ローソク足が雲中に入り込んでおり、上昇ながらその力が弱まっていることを示唆しています。
以上から、揉み合いと考えます。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーは上昇方向。
ローソク足がセンターライン付近にあり、基調は弱い上昇トレンドと判断。
バンド幅は拡大したまま推移。
大きな動きが期待できます。。
一方、雲は陰転。
雲上限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、弱い上昇トレンドの中で調整(下落)が発生していてる状況と考えています。
その調整ですが、遅行スパンがローソク足で踏みとどまり完了、上昇再開とみます。


最後に、日足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ上にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲は陽転。
雲下限は水平も、ローソク足が雲上にあり、上昇方向です。
以上から、弱い下落トレンドの中、調整(上昇)が発生していてる状況と考えています。

本日のユーロ豪ドル相場です。

本日のユーロ豪ドル相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーはフラット。
ローソク足がセンターライン付近にあり、基調は揉み合いと判断。
バンド幅は変化なし。
こちらも方向感無し。
一方、雲は陽転。
雲下限は水平、ローソク足は雲下と足並みのそろわぬ状態にあり、方向感無し。
以上から、揉み合いと考えます。
トレンドラインおよびセンターラインとの攻防に注目です。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ付近にあり、基調は強い下落トレンドと判断。バンド幅は変化無し。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、強い下落トレンドの真っ只中であり、下落継続と予測します。


最後に、日足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ上にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲は陽転。
雲下限は水平も、ローソク足が雲上にあり、上昇方向です。
以上から、弱い下落トレンドの中、調整(上昇)が起きつつある局面と考えます。

本日のユーロポンド相場です。

本日のユーロポンド相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が+1σ近辺にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲は陽転。
雲下限も上向き。
ローソク足も雲上にあり、強い上昇を示唆しています。
以上から、弱い下落トレンドが、転換する場面と考えます。
ただ、+2σを超えられずにいますので、押しにも備えたい局面です。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーが上昇方向。
ローソク足が+1σ上にあり、基調は強い上昇トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲も陽転。
雲下限も上向き。
ローソク足も雲上にあり、強い上昇を示唆しています。
以上から、強い上昇トレンド継続場面と考えます。


最後に、日足。

▶ボリンシャーはフラット。
ローソク足が+1σ付近にありますが、基調は方向感無しと判断。
バンド幅は縮小。
こちらも方向感無し。
一方、雲も陽転。
雲下限も上向き。
ローソク足も雲上にあり、強い上昇を示唆しています。
以上から、上昇力が強揉み合いと考えます。

本日のドルスイスフラン相場です。

本日のドルスイスフラン相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは上昇方向。
ローソク足が+1σ下にあり、基調は弱い上昇トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲も陽転。
雲上限も上向き。
ただ、ローソク足が雲中に入り込んでおり、上昇ながらその力が弱まっていることを示唆しています。
以上から、弱い上昇トレンドの中で調整(下落)が発生していてる状況と考えています。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーはフラット。
ローソク足がセンターライン近辺にあり、基調は揉み合いと判断。
バンド幅は縮小。
こちらも揉み合い。
一方、雲は陰転。
雲下限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、方向感が下落に定まりつつある場面と考えます。
遅行スパンの下抜けを確認したいところです。


最後に、日足。

▶ボリンシャーはフラット。
ローソク足が-1σ近辺にあるものの、基調は揉み合いと判断。
バンド幅は縮小。
こちらも揉み合い。
一方、雲は陰転。
雲下限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、方向感が下落に定まりつつある場面と考えます。
遅行スパンの下抜けを確認したいところです。

本日のドルカナダドル相場です。

本日のドルカナダドル相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは上昇方向。
ローソク足が+1σ下にあり、基調は弱い上昇トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲も陽転。
雲上限も上向き。
ただ、ローソク足が雲中に入り込んでおり、上昇ながらその力が弱まっていることを示唆しています。
以上から、弱い下落トレンドが、転換するかもしれない場面と考えます。
+1σ割れのまま月足が確定すれば、センターラインを目指す展開になると予測します。


つづいて、週足。

▶ボリンシャはやや上昇方向。
ローソク足が-1σ付近にあり、基調は弱い上昇トレンド。
バンド幅は縮小。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲は陰転。
雲下限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、弱い上昇トレンドのなか、調整(上昇)が発生した局面と考えます。
その調整ですが、遅行スパンがローソク足に抑えられて完了、上昇再開とみます。


最後に、日足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ上にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は拡大したまま推移、大きな動きが期待できます。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ただ、ローソク足が雲上にあり、下落ながらその力が弱まっていることを示唆しています。
以上から、下落トレンドが弱まりつつある局面と考えます。
熟成相場の中、終値が-1σを越え、センターラインを目指す展開となるかもしれません。

本日のNZドル米ドル相場です。

本日のNZドル米ドル相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が+1σ上にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ただ、ローソク足が雲中に入り込んでおり、下落ながらその力が弱まっていることを示唆しています。
以上から、弱い下落トレンドの中、調整(上昇)に注目する場面と考えます。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーはフラット。
ローソク足がセンターライン近辺にあり、基調は揉み合いと判断。
バンド幅は縮小。
こちらも揉み合い。
一方、雲も陰転と陽転が小刻みに入れ替わり、レンジを示唆しています。
以上から、揉み合いと考えます。


最後に、日足。

▶ボリンシャーはフラット。
ローソク足が+1σ下にあり、基調は揉み合いと判断。
バンド幅は拡変化なし。
こちらも揉み合い。
一方、雲は陰転。
雲下限も下向き。
ローソク足は雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、揉み合いの中、下落の力が強まっている状態と考えます。

本日の豪ドルドル相場です。

本日の豪ドルドル相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ上にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲は陰転。
雲上限も下向き。
ただ、ローソク足が雲中に入り込んでおり、下落ながらその力が弱まっていることを示唆しています。
以上から、弱い下落トレンドが、転換するかもしれない局面と考えます。
陰転雲上限との攻防に注目しています。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーは上昇方向。
ローソク足が+2.5σ付近にあり、基調は強い上昇トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲も陽転。
雲下限も上向き。
ローソク足も雲上にあり、強い上昇を示唆しています。
以上から、強い上昇トレンドの真っ只中であり、上昇継続と予測します。
+2.5σ到達も、まだ若い相場のため上昇継続と考えます。


最後に、日足。

▶ボリンシャーは上昇方向。
ローソク足が+1σ上にあり、基調は強い上昇トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲も陽転。
雲下限も上向き。
ただ、ローソク足が雲中に入り込んでおり、上昇ながらその力が弱まっていることを示唆しています。
以上から、強い上昇トレンドの真中、調整(下落)に注意する局面と考えます。
また、熟成相場の中、+2.5σ到達で、上昇に達成感もあります。

本日のポンドドル相場です。

本日のポンドドル相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ下にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、強い下落トレンドの真っ只中であり、下落継続と予測します。
ただ、15年以上の長期で見た安値にあり、売りよりも買いで入りたい場面です。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ付近にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲は陰転。
雲上限も下向き。
も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、強い下落トレンドの真っ只中であり、下落継続と予測します。
ただ、熟成相場の中、先週の終値が-1σを上回りました。センターラインを目指す可能性もあります。


最後に、日足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足がセンターライン近辺にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲は陰転間近。
雲下限は上向も、ローソク足が雲下にあり、下落を示唆しています。
以上から、弱い下落トレンドの中、発生していた調整(上昇)が、終わる場面と考えます。

本日のユーロドル相場です。

本日のユーロドル相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ上にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲には陽転の可能性が出現。
雲下限は先行して上向き。
ローソク足も雲上にあり、上昇転換間近に見えます。
以上から、弱い下落トレンドが転換する場面と考えます。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーはフラット。
ローソク足が+1σ上にあるが、基調は揉み合いと判断。
バンド幅は縮小。
こちらも揉み合い。
一方、雲も陰転と陽転が小刻みに入れ替わり、レンジを示唆しています。
以上から、揉み合いと考えます。


最後に、日足。

▶ボリンシャーはやや下降方向。
ローソク足が+1σ下にあり、基調は緩やか、かつ弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は縮小。
一方、雲は陽転。
雲下限も上向き。
ローソク足も雲上にあり、強い上昇を示唆しています。
以上から、弱い下落トレンドが、上昇に転換しつつある場面と考えます。

本日のNZドル円相場です。

本日のNZドル円相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ下にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、強い下落トレンドの真っ只中であり、下落継続と予測します。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ下にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅はやや拡大化傾向。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、強い下落トレンドの真っ只中であり、下落継続と予測します。


最後に、日足。

▶ボリンシャーはフラット。
ローソク足が-1σ付近にあり、基調は揉み合いと判断。
バンド幅は変化なし。
こちらも揉み合い。
一方、雲は陰転。
雲下限も下向き。
ローソク足が雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、揉み合いの中の下落局面と考えます。

本日のスイスフラン円相場です。

本日のスイスフラン円相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーはフラット。
ローソク足が-1σにあり、基調は揉み合いと判断。
バンド幅にも変化がなく、こちらも揉み合い。
一方、雲は陰転。
雲上限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、揉み合いの中の下落。トレンドがこのまま下落に転換する可能性有りと考えます。
売りエントリーポイントを探って行きます。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ下にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅は変化なし。
レンジとなっています。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ただ、ローソク足が雲中に入り込んでおり、下落ながらその力が弱まっていることを示唆しています。
以上から、強い下落バイアスがかかったレンジの中、上昇に注目する場面と考えます。
その上昇も-1σを超えられず下落しています。


最後に、日足。

▶ボリンシャーはフラット。
ローソク足が+1σ上にあり、基調は揉み合いと判断。
バンド幅は変化なし。
こちらも揉み合いです。
一方、雲は陽転。
雲下限も上向き。
ただ、ローソク足が雲中に入り込んでおり、上昇ながらその力が弱まっていることを示唆しています。
以上から、揉み合いの中の上昇局面と考えます。
その上昇ですが、遅行スパンがローソク足に抑えられて完了、下落開始とみます。

本日のカナダドル円相場です。

本日のカナダドル円相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ下にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ただ、ローソク足が雲中に入り込んでおり、下落ながらその力が弱まっていることを示唆しています。
以上から、強い下落トレンドの中、調整(上昇)に注意注目する場面と考えます。
先月、先々月、熟成相場に差し掛かる場面での-2.5σ到達で下落一服の可能性があります。とすれば、このまま、上昇することも考えられます。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足がセンターライン近辺にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲は陽転。
雲下限は下向きのままですが、ローソク足が雲上にあり、上昇を方向です。
以上から、弱い下落トレンドの中、上昇力が強まっており、トレンド転換の可能性が生じている場面と考えます。
買いエントリーポイントを探って行きます。


最後に、日足。

▶ボリンシャーは上昇方向。
ローソク足が+1σ↓にあり、基調は弱い上昇トレンドと判断。
バンド幅は変化なし。
一方、雲は陰転間近。
雲下限は水平も、ローソク足が雲下にあり、下落方向です。
以上から、強い上場トレンドの真っ只中であるが、調整に注意する局面と考えます。
押し目買いポイントを探ります。

本日の豪ドル円相場です。

本日の豪ドル円相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ近辺にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ただ、ローソク足が雲の中に入り込んでおり、下落ながらその力が弱まっていることを示唆しています。
以上から、強い下落トレンドの中、調整(上昇)に注意する場面と考えます。
先月、9本目のローソク足による安値更新で下落一服と考えると、このまま、+1σを越え、さらに上昇する可能性があると予測できます。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足がセンターライン近辺にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は変化なし。
こちらは揉み合い。
一方、雲は陽転。
雲下限は下向きのまま。
ローソク足は雲上にあり、どちらかと言えば上昇方向です。
以上から、弱い下落トレンドの中で調整(上昇)が発生していている状況と考えています。
その調整ですが、遅行スパンがローソク足に抑えられて完了、下落再開とみます。


最後に、日足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足がセンターライン近辺にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は変化なし。
こちらは揉み合い。
一方、雲は陽転。
雲下限は下向きのまま。
ローソク足は雲上にあり、どちらかと言えば上昇方向です。
以上から、弱い下落トレンドの中で調整(上昇)が発生していている状況と考えています。
その調整ですが、遅行スパンがローソク足に抑えられて完了、下落再開とみます。

本日のポンド円相場です。

本日のポンド円相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-2.5σ近辺にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、強い下落トレンドの真っ只中であり、下落継続と予測します。
1月、2月、3月に-2.5σに到達していますが、まだ、若い相場のため達成感はありません。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1下にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、強い下落トレンドの真っ只中であり、下落継続と予測します。
上昇が-1σを超えられず下落しています。


最後に、日足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が+1σ近辺にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は収束。
小康状態です。
一方、雲も陰転。
雲下限は水平も、ローソク足が雲下にあり、下落方向です。
以上から、弱い下落トレンドの中で調整(上昇)が発生していている状況と考えています。
その調整ですが、遅行スパンがローソク足に抑えられて完了、下落再開とみます。

本日のユーロ円相場です。

本日のユーロ円相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ下にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、強い下落トレンドの真っ只中であり、下落継続と予測します。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ下にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅に変化なし。
レンジとなっています。
一方、雲は陰転。
雲上限も下向き。
ただ、ローソク足は雲中に入り込んでおり、下落ながらその力が弱まっていることを示唆しています。
以上から、強い下落トレンド下落バイアスのかかった下落相場が継続すると予測します。
-1σを超えられず下落しています。


最後に、日足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が+1σ付近にあり、基調は弱い下落トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲は陽転。
雲下限も上向き。
ただ、ローソク足は雲中に入り込んでおり、下落ながらその力が弱まっていることを示唆しています。
以上から、弱い下落トレンドの中で調整(上昇)が発生していている状況と考えています。
その調整ですが、遅行スパンがローソク足に抑えられて完了、下落再開とみます。

本日のドル円相場です。

本日のドル円相場です。

まずは、月足。

▶ボリンシャーは上昇方向。
ローソク足がセンターライン下にあり、基調は弱い上昇トレンドと判断。
バンド幅は縮小傾向。
トレンドは失われつつあります。
一方、雲は陰転。
雲上限も下向き。
ローソク足が雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、弱い上昇トレンドの中の調整下落であるが、上昇トレンドそのものが弱まっており、今後、下落トレンドに転換すると予測します。


つづいて、週足。

▶ボリンシャーは下降方向。
ローソク足が-1σ下にあり、基調は強い下落トレンドと判断。
バンド幅は拡大傾向。
トレンドは継続です。
一方、雲も陰転。
雲上限も下向き。
ローソク足も雲下にあり、強い下落を示唆しています。
以上から、強い下落トレンドの真っ只中であり、下落継続と予測します。


最後に、日足。

▶ボリンシャーはフラット。
ローソク足がセンターライン近辺にあり、基調は揉み合いと判断。
バンド幅は収束。
小康状態です。
一方、雲も陰転と陽転が小刻みに入れ替わり、レンジを示唆しています。
以上から、レンジ相場にあります。
livedoor プロフィール
トレードリスクについて
読者様のお役に立てる有益な情報の提供を心掛けていますが、内容につきましては、一切の責任を負うことはできません。 実際のトレードにつきましては、必ず読者様ご自身の判断で行ってください。
1通貨から取引可能

OANDA Japan


SBIFXトレード
スポンサーリンク
本物のFX教材!

マーフィーの最強スパンモデルFXプレミアム


マーフィーのメンタルトレードEブック・DVD


FXミッションゼロマニュアル完全版


10の勝ちパターン徹底解説セミナーDVD
プロによるメルマガ配信

ZAI FXメールマガジン
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ